トップ営業マンの流儀

営業におけるデメリットの扱い方を身につけましょう!

トップ営業マンの流儀

成績の良い営業マンとそうでない営業マンの違いはどこにあるのでしょうか。共通する営業の法則が成績の優秀な営業マンにはあります。1つ目は、自己分析能力に優れていることです。成績トップの営業マンは、契約成功時のポイントや今後の課題、自分の成長点などを明確に示すことができます。しかし、成績不振の営業マンは、こうした質問を問われてもすぐに答えることができない営業マン人が多いのです。

優秀な営業マンは、業務後に一日の仕事の反省点や、自分のこれからの成長にどう活かすべきかと毎日振り返り、自己分析をする習慣がついています。自分を客観的に理解できている営業マンは、次に自分が取る行動を把握しています。このため、他人と比較して、著しく早く成長することが可能なのです。仕事を常に振り返り、自己分析をすることが営業のノウハウです。

業務後の自己分析作業は、週末や月末でも構わないのですが、商談の直後に行えば効果も高くなるでしょう。商談直後というのは、お客さんとの会話内容や手ごたえを詳しく明確に覚えているものだからです。自己分析用のノートやシートを用意して、一日の内容、反省点や良かった点、改善点などを記入し、週末や月の終わりに再度ノートを読み返す癖をつけましょう。これこそが、優秀な営業マンになるためのポイントです。

営業成績の上がる営業マンと上がらない営業マンの違い、それはちょっとした努力の積み重ねなのです。地道に努力し続けることで、最終的には大きな差が付くのです。商談後の自己分析を習慣化して、トップの営業マンを目指してください。

(C) トップ営業マンになる方法

定期的にエネルギー補給