自分の声を分析するメリットその1

自分の声を分析して、営業活動に活かしましょう!

自分の声を分析するメリットその1

声というものは、相手の印象に大きく残るものです。あなたは自分の声を録音して聞いたことはありませんか。自分の声を聞くのは恥ずかしいかもしれませんが、声は大事な営業の道具といえますし、どんな話し方をしているのかを確認することも大切なことなのです。

鏡で身なりを確認するのと同じく、客観的に自分の声を確認することも営業ノウハウといえます。録音のタイミングは、社外の人間とのミーティングが最適なのですが、無理な場合には、お客さんとの電話や社内会議でも良いでしょう。では、自分の声を客観的に分析するポイントを挙げていきます。まずは声の大きさを確認します。あなたの声が、しっかりと聞き取れる大きさであれば問題ありません。自信溢れる印象を与えたり、商品説明の説得力効果が大きな声にはあります。声を大きく出すコツは、口を大きく開けるだけと簡単なので常に意識しておきましょう。

次に滑舌の度合いを確認クします。「あ」「い」「う」「え」と、しっかりとした母音は、相手の聞き取りやすさに繋がります。自分の名前や会社名、挨拶など、普段から利用する言葉をしっかりと発音するように、常日頃から意識しておきましょう。それから、強調が必要な部分には工夫を与えて話しているかも確認します。大事な部分を繰り返すことが、強調して話すポイントです。お客さんも、営業マンの説明が長くなれば集中力が低下していき、話を聞き流すことも多くなります。特に伝えておきたい大事なキーワードは、繰り返し強調して話すことでお客さんにも印象を与えることができます。まさに営業のノウハウといえるものですね。

(C) トップ営業マンになる方法

定期的にエネルギー補給