顧客からの無謀な要求その1

顧客からの無謀な要求への対応方法を覚えましょう!

顧客からの無謀な要求その1

なかなか商品は買ってくれないのに、必要以上に無理な言いがかりを付けてくるお客さんも、営業を続けていれば出てくることでしょう。こうした無理な要望を持ちかけてくるお客さんに対する営業のノウハウをご紹介します。「こうした無理な要求は受け入れられない」、無理な注文やいいがかりを言うお客さんに対して、営業マンが真っ向からこのような発言で反対していては、これは時間の無駄といえるものです。こうした無理難題を上手くかわしていくことが営業のノウハウなのです。

ひとつ方法をご紹介すると、受け入れられない理由として、会社の規定などを持ち出す方法があります。例えば、お客さんから無茶な要求が出されたときに、営業マンが「そんなの無理です」と簡単に拒否してしまえば、お客さんもオメオメと引き下がることはできません。お客さんからしてみれば、それなりの理由があるから要望を出しているわけです。そこで大切なのがお客さんを尊重しつつ、要望を受け入れられない理由を述べることです。「私としてはお客さんのために何とかしてあげたい。でも会社の規定のどうしてもそれは出来ない」と会社の内部事情を説明すれば、お客さんも「それなら仕方ないね」と、引き下がってくれます。

ただし、会社の内部事情を明かす振りをする際、それが嘘だと分かってしまえば、信用を大きく失うことになりますし、要求に対してすぐに会社の規定などを持ち出して拒否してしまえば、お客さんからは何も出来ない営業マンという烙印を押されてしまいます。要望には答える事は出来ないが、別案件に関してはできる限り協力するといった誠意を見せることが大切です。

(C) トップ営業マンになる方法

定期的にエネルギー補給