その場を和ますトーク術

商談中では、その場を和ますトーク術が役立ちます!

その場を和ますトーク術

お互いに本音で喋れる世間話というものは、人の心も知らず知らず和むものです。世間話は、商談の場を和ませる営業のノウハウといえます。メインである商談に入る前に、準備として世間話から切り出すことで、お客さんも営業マンもスムーズに商談に移ることができます。世間話は、時事ネタなどを事前に用意しておく必要がありますが、例えば社会ニュースや天気、お客さんに関すること、営業マン自身のことなどがテーマとしては良いと思います。

中には、自身のプライベートで、お客さんとの距離を近づけようと考えている営業マンもいます。しかし、双方の趣味が合わないケースでは、プライベートの話しも無駄に鬱陶しくなるだけです。もしもプライベートの話題をする場合は、お客さんが興味を持ちそうな話題やネタを見つけることが重要です。

プライベートネタで最も扱いやすいものを挙げるとすれば、やはり「仕事ネタ」になります。自分のいる業界の話題や傾向、仕事の内容などに関することです。しかし、仕事ネタを利用して商談に持ち込み、売り込みをおこなってしまっては、お客さんも離れてしまうでしょう。

時には、お客さんの方から、営業マン自身についての質問を受けることもあるでしょう。そこでどんな質問にも受け答えできれば、お客さんに対する印象も非常に強くなります。様々なネタを用意しておき、どんな質問にも躊躇せずに答えられるようにすることが営業のノウハウなのです。将来の夢、今の会社への入社動機、過去の職歴や経歴といった、過去、現在、将来(未来)の3つの視点を踏まえて、世間話ができるようにまとめておくことがポイントです。

(C) トップ営業マンになる方法

定期的にエネルギー補給