印象を与える会話手法

商談では、お客さんに強い印象を与えることが大切ですよ!

印象を与える会話手法

お客さんに強い印象を与える会話手法がありますが、これは営業のノウハウの1つとして挙げられることです。成績を伸ばす営業マンは、こうした会話手法を習得していますが、その会話手法とは、飛び込み営業や電話など、どのような営業方法であっても、お客さんが受けるメリットを20秒以内で伝えることです。

どんな商品の場合でも、初めの数十秒程度であれば、お客さんもしっかと話を聞いているものですが、それ以上長く話しが続くと、説明が全部終わらないうちに断られてしまうことが多いのです。営業は最初が最も肝心ということです。もちろん挨拶なども怠ってはいけませんが、営業は最初の20秒でのトークにかかっているといっても過言ではありません。しかし、20秒しかないといって、急いで内容を話せば上手くいくという訳ではありません。最初は簡単に挨拶を済まし、それから単刀直入にお客さんへのメリットを伝えます。そのとき、会話の中に数字を入れ、強調して伝えることが営業のノウハウです。こうすることで、お客さんも商品の内容について、より分かりやすく具体的に理解することができるので、現実性も帯びてくるようになります。

簡素な商品説明でお客さんが興味を抱いてくれたのならば、ひとまず連絡先を教えてもらうだけにして、後日、ダイレクトメールや電話で営業をかけるのも1つです。その場で商品を売ろうとはせず、興味を抱いてくれる人を集めた後で勧める方法が、飛び込み営業やテレアポでは効率的なのです。お客さんからすれば、初対面の相手からのいきなりのアプローチとなる飛び込み営業などは、必要以上に警戒するからです。

(C) トップ営業マンになる方法

定期的にエネルギー補給