相性は大事

営業をおこなう場合、お客さんとの相性はとても大切ですよ!

相性は大事

営業マンとして働き出した最初の頃というのは、どうしても自分をお客さんがどう見ているのかが気になることでしょう。例えば、商品に関する知識はもちろんですが、身なりや話し方なども気になる要素だと思います。しかし、それよりも大切な事は、お客さんとの波長、つまりは相性が合うかどうかということなのです。そしてこれは、営業のノウハウを身に付けることに直結しています。もちろん服装、身なりなどは営業のうえで大切なことなのですが、相性の合わない人との契約は非常に難しいといえるでしょう。

仮に時間にきちんとした性格の営業マンがいたとした場合、相手となるお客さんも営業マンと同じく時間にしっかりとしている人が多く、時間にルーズな営業マンの場合では、相手のお客さんも時間にルーズとなることがあるのです。もしも、お客さんとの相性が合わないと感じた場合、どうすれば良いのでしょうか。こうしたケースでの営業のノウハウは、無理してまで顧客になってもらう必要は無いということです。相性の合わないお客さんは、自分に不利益を与えるだけで、メリットはほとんどありません。

会社の売り上げというものは、優良な2割の顧客により、収益の約8割を得ると言われていますが、逆に良くないとされる2割の顧客により、不利益の8割を被るとも言われています。営業の仕事を続けていけば、時としてクレームや難癖を付ける客さんに遭遇することもあるでしょう。こうした事態やリスクを回避するためにも、意味もなくお客さんに対して頭を下げたりと、「お願い営業」と呼ばれる、お客さんの言いなりになるような営業方法にならないように注意しましょう。

(C) トップ営業マンになる方法

定期的にエネルギー補給