商談とマナー

営業をおこなうのであれば、商談時のマナーを覚えよう!

商談とマナー

商談の最中、お客さんについつい失礼な態度や言葉を発してしまうのではないか、不安や心配になってしまうかもしれません。営業マンにとって最も重要なのは商談の時間です。こうした大事な席で円滑に商談を進行するにはマナーがとても重要になってきます。お客さんの機嫌を損なう態度は、絶対に慎むように注意しなければいけません。例として、新人営業マンが悩みそうなケースを挙げてみるので、思い当たる節がある人は注意しましょう。

まず椅子の座り方ですが、必ず先にお客さんを座らせて、勧められた後、一声「失礼します」とかけて座りましょう。新人営業マンは経験も少なく、お客さんと話す時、どこを見て話せば良いのか戸惑うかもしれません。しかし、緊張しているからと下ばかり見て、相手と目を合わせずに話していては、「売る気が無い」と思われても仕方がありません。一方、絶えず目と目を合わせられても、居心地の良いものではありません。視線はお客さんの口元や鼻の周辺に向け、たまに目も合わし、時折相づちを打つようにするのが営業のノウハウです。

タバコはなるべく吸わない方が良いですが、お客さんが勧めてきた時は吸っても問題ありません。お客さんがタバコを吸い出した時は、「吸っても構いませんか」と確認してから吸いましょう。マナーやチケットを守るといった常識は常日頃から心がけましょう。これは優秀な営業マンになるうえでの大事な営業のノウハウです。

(C) トップ営業マンになる方法

定期的にエネルギー補給