世間話における注意点

営業で使う世間話の注意点を理解しましょう!

世間話における注意点

世間話をお客さんとして、両方の心を和ますことは、円滑に商談を進めるうえで大切な営業のノウハウです。相手会社やお客さんの話題を世間話ネタとして取り上げる場合は、相手が嬉しいと思う事柄をネタにしなければいけません。例を挙げると、相手会社の新商品に関心を示す、メールのレスポンスが早いなど、相手が思わず喜ぶようなネタを選択することが営業のノウハウです。こうすることで、相手は「私(会社)のことをしっかりと理解している」と、担当する営業マンに信頼を抱くようにようになるのです。

また、具体的な内容を抜粋して褒めることが、相手をネタにする場合における営業のノウハウです。漠然と褒めるだけでは、相手には気持ちが伝わりません。相手を常日頃からしっかりと観察したり、前もって調べておくことが、相手を褒めるために大切なことなのです。

相手会社をネタにする場合には、相手会社がホームページを公開していれば何度もチェックを入れたり、業務内容などを調査します。会社に訪問した時には、社員の雰囲気や社内環境までチェックする努力が必要です。

世間話で一番多いのが、社会時事や天気のネタですが、これらのネタは、最近話題となっている事柄などをピックアップすれば話しやすいと思います。反面、何の工夫もなしに、ただ漠然と話しを続けてしまっては、内容に乏しく会話が続きません。例えば「最近は寒くなりましたね」と言ったところで、相手から「そうですね」と言われてしまえば会話が途絶えてしまいます。ほかにも、興味のない相手にサッカーやプロ野球などの話題を振っても面白くもありません。ネタの選定を誤ってしまえば、単なる世間話で終わってしまい、気持ちよく商談に移れるとはいえない場合が多いので注意しなければいけません。

(C) トップ営業マンになる方法

定期的にエネルギー補給