営業は行動力が重要

営業活動では、積極的な行動力が求められます!

営業は行動力が重要

「備えあれば憂い無し」という言葉があります。営業マンが成績を伸ばすのに必要な営業のノウハウは、できるだけ多くの見込み客と会い、多くの提案をすることです。そして、決まりそうな商談を育成し、脈がありそうな商談を更に発展させるのです。成績優秀な営業マンはこれを繰り返しおこないます。

成績を伸ばすためには、営業技術を習得し、効率化することが大切ですが、技術だけあれば良いという訳ではありません。重要なのは実際にその技術を使用する場数です。簡単に言えば積極的に行動するということです。行動量が多い営業マンは、実行するという習慣がしっかりと身に付いています。例を挙げると、メールが送られてきたら、即返信するといったことです。それを「返信は時間のあるときでいいか」と後回しにすれば、気が付けば返信することを全く忘れてしまうという大きなミスもあります。また、返信時に内容を忘れてしまえば、再度確認のために時間を無駄に費やし効率を悪くします。こうした効率の悪さが蓄積されていくと、全体的な行動量にも大きな差が生じるのです。行動量を増やすためには、必要な事は即実行するように心がけることです。こうした習慣は今から挙げる2つの営業ノウハウから身に付けましょう。

1つ目は、とりあえずどんな仕事にも着手することです。精神的に負担が大きい仕事でも、僅かでもいいので取り掛かり、自分のノルマと課すのです。人間は一度始めれば続けられるもので、少しだけの予定が仕事がどんどん進捗することもあります。2つ目は、3日間だけ頑張るというものです。業務を続けなければいけないと思うとモチベーションが下がるかも知れません。そこで、3日だけ頑張ることを義務付けます。3日間なら続けられると思います。そして3日続けることができれば更に3日、また3日・・・と伸ばしていけば、これが習慣となり、気が付けば自分にノルマを与える必要もなくなっています。

(C) トップ営業マンになる方法

定期的にエネルギー補給